【冬のドライブに】おすすめ便利グッズ「ホットブランケット」【ひざ掛け】

      2018/02/14

 

車のエアコン、特に暖房が苦手な方って結構いらっしゃいますよね。私もそのひとりでして、暖房をつけると頭がぼーっとしてしまいます。

暖房をつけた車内では上昇した暖かい空気により、「頭寒足熱」ならぬ「頭熱足寒」状態となり、そうなると運転中は集中力が低下して危険ですし、頭部が暖かい空気に包まれているとなんとなく不快に感じるのです。

したがって冬場もできるだけ暖房をつけないようにしていますし、つけたとしても風量を最弱にして足元だけに風があたるようにしています。しかし、真冬はさすがに寒さに耐えられないので、補助暖房として車内用のホットブランケットを併用しています。

もう5年以上ホットブランケットを愛用しておりますが、これが非常に快適でして、冬のドライブには欠かせないものとなりました。同じように暖房が苦手な方にぜひおすすめしたいアイテムですので、詳しくご紹介したいと思います。

 

ホットブランケットとは?

いわゆる電気毛布と同じ要領で、2枚重ねのフリース素材のブランケットの中に張り巡らされた電熱線に電気を通して発熱させる仕組みの暖房器具です。

私が使用しているのは車専用のもので、シガーソケットから電源を取るタイプです。

%e9%9b%bb%e6%ba%90%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89

オンオフスイッチもついております。

 

Amazonのリンクを貼ろうと思ったのですが、私が持っているやつは現在取り扱っておりませんでした。(2016年11月現在)

l-300

 

こちらは類似品ですがレビューの評価が微妙…。

 

こちらはサイズが大きいタイプです。

105cm×150cmと、かなり大きめ

 

ほかにUSBタイプもあります。

これなら家の中でも使えそうですし、モバイルバッテリーで給電すれば屋外でも使えますので、冬場のスポーツ観戦などで活躍しそうです。

 

実際使ってみて良かった点

すぐに暖かくなる

暖房をつけるにしても、暖気がエアコンの吹き出し口から出てくるにはある程度エンジンが温まってからになりますので、それまでの間は寒さに耐えないといけませんが、ホットブランケットは通電すればすぐに暖かくなり幸せです。

 

暖かさは十分

最大消費電力40Wと出力は十分で、使い捨てカイロなみの発熱量がありとても暖かいです。フリース素材の生地は保温性が高いので、ちょっと肌寒いぐらいの気温でしたらスイッチオフの状態でも十分ぬくもりを感じることができます。

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%9c%b0

私の場合、車内でも厚着しているせいもありますが、真冬以外はほんとに暖房つけなくても大丈夫です。真冬もこのブランケットをひざにかけて、暖房をマニュアルモードで最弱運転にしておけば凍えることはありません。

 

コンパクトなサイズなので邪魔にならない

75cm×50cmというコンパクトなサイズのため、使わないときは助手席に広げた状態で置いておけるので、使うときに広げたり畳んだりする必要はありません。

%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

 

意外に壊れない

フリースの生地の上から中の電熱線をさわると細くて頼りない感じです。なので、最初はすぐ断線しそうだなと思っていましたが、あまり折りたたんだりすることがなかったのが奏功したのか、もう5年以上断線することなく使えています。5年も使えればコストパフォーマンス的には御の字です。

 

イマイチなところ

足元は寒い

ちょうど腰から膝までをカバーできるサイズですので、足元は寒いです。私の場合、真冬は暖房を足元にだけ風が当たるように最弱運転していますので、足元が冷えることはありませんが、暖房オフの状態だとたしかに寒いです。

足元までカバーしたい場合は申し少し大きめのものをチョイスしたほうがよいと思います。

 

洗濯ができない(たぶん)

中に電熱線が入っていますので洗濯ができません。直接肌に触れるわけではありませんので、そんなに汚れを気にする必要はないと思いますが、潔癖症の人にはつらいかもしれません。私は春と秋に天日干しだけはするようにしています。

 

まとめ

暖房が苦手な方はもちろん、暖房をつけるにしても温風が出てくるまでのつなぎとして役に立ちますので、ぜひ一度試していただきたい便利グッズです。ホットブランケットがあれば冬のドライブもきっと快適にすごせると思います。

いまのところ壊れる気配はありませんが、今使っているのが壊れたら次はUSBタイプのものを試してみようと思います。

記事下関連コンテンツユニット



 - 買ってよかったもの,