FREETEL KIWAMIが念願のAndroid6.0にアップデート!なにが変わった?

      2017/04/08

「SAMURAI KIWAMI」 Android6.0へのアップデート開始のお知らせ

発売当初はAndroid5.1だったFREETEL KIWAMI。フリーテルがAndroid6.0へのアップデートを公言してからずいぶん待たされましたが、昨日12/22にKIWAMI2の端末の発売とともについにAndroid6.0へのアップデートが配信されました。

 

さっそくアップデート開始

アップデートの前に、microSDカードにアプリを移動させている場合は本体に戻しておきましょう。

アップデート後、microSDカードに移動していたアプリが本体から削除されます。
・アップデート前に、microSDカードに移動していたアプリを本体ストレージに必ず移動してください。

アップデート完了まで約1時間かかります。途中で電池切れにならないようバッテリー残量に気をつけてください。

 

それでは作業開始です。

 

ワイヤレスアップデートアプリを起動して、ダウンロードを開始します。

ダウンロードするデータは1GB以上あります。

 

30分程でダウンロードは完了しました。

今すぐ更新をタップしていよいよインストール開始です。

 

そして待つことおよそ20分。アップデートが完了しました。

ビルド番号は20161214

 

アップデートでなにが変わったか?

Android6.0の新機能はこんな感じです。

■Android6.0の新機能
・Now on Tap機能:ページ閲覧中にホームボタンを押下すると、ページに関する情報、アプリ等を提示
・ロック画面のショートカット機能の変更:ロック画面で左からスワイプで起動する機能が、電話アプリから音声検索に変更
・「Doze」モード:長時間端末を利用していない場合に、バッテリー消費を抑える機能
・スクリーンショット取得後、通知領域から削除可能に
・アプリのアクセス権限の許可/拒否を自由に選択可能
・通知ポップアップの表示・非表示設定がアプリ毎に可能に
・ボリューム(着信(通知)音、音楽、アラーム)をどの画面からでも調整できるように改善
・アプリのバックグラウンドモバイル通信を無効化可能に
・アプリドロワーが横スクロールから縦スクロールに変更
・RAMの管理方法が改善:Androidの設定一覧に「メモリ」が追加、メモリ使用量が直感的に把握可能に
・モバイルデータ/Wi-Fi/Bluetoothの設定を一括でリセットする機能が追加
・ブラウザでリンクのタップ時に起動するアプリを個別に選択することが可能に
・リンク選択時に起動するデフォルトアプリの指定が可能に
・アプリ、システム設定の自動バックアップ機能が追加
・指紋認証インターフェイスが変更
・Google playで指紋認証を使ってアプリ購入が可能に

 

  • そのほかの改良点

緊急地震速報対応

これまでは緊急地震速報に対応しておらず、周りでアラートが鳴っているときも我がKIWAMIだけはだんまりを決めこんでましたが、これからは同じようにアラートが鳴るようになりますね。

 

指紋認証によるロック解除が速くなった

これまではスリープ状態から指紋認証をすると、スリープ解除→ロック解除画面→ロック解除という2段階を踏んでました。とくに不便さは感じておりませんでしたが、起動が早くなるのは歓迎です。

アプデ後は、ロック解除画面は表示されずスリープ解除と同時にロック解除となりワンアクションでロックは解除されるようになりました。

したがってスリープ状態からロック解除までの時間が短縮されました。

※アプデ後は指紋登録がリセットされていますので、登録しなおす必要があります。

設定→セキュリティ→指紋から再度指紋登録してください。

 

スクリーンショット音が通知音と連動

これまではスクリーンショットの音は「音量MAX」か「オフ」かの2択でしたが、アプデ後は通知音と連動するようになりました。

ボリュームを下げておけば、スクリーンショットの音は小さくなりますし、マナーモードにすればまったく音は鳴りません。

ひきつづきスクリーンショット音のオンオフは設定で切り替え可能ですので、無音化しておくこともできます。

※アプデ後はデフォルトでオンになっていますので、無音化したい場合は設定→音と通知→全般の右にある歯車マーク→一番下のオンオフ切り替えでオフにしておく必要があります。

 

端末の起動音は爆音のまま

端末を起動または再起動した際の無意味な起動音はあいかわらず爆音のままでした。よって、アプデ後もSilent Bootアプリは必須です。ふいの再起動にそなえて起動音を無音化しておきましょう。

※残念ながら100%無音化できるわけではないようです。意図的に再起動をかけるときは音はでないのですが、強制的に再起動がおきた場合は無音化できないことが多いです。

 

 

ボリュームコントロールのレスポンス改善

アプデ前は、ホーム画面からアプリに切り替えたすぐにボリュームボタンを押すと、音符マークのアプリのボリューム調整ではなく、鈴マークの通知音調整スライダーが表示されるという現象が起きていました。したがって、アプリのボリュームを調整するためには切り替えてから数秒待たなければなりませんでした。

今回のアプデでAndroid6.0になったことにより、ボリュームコントロールのレスポンスの遅延は解消され、ホーム画面からアプリに切り替えてすぐにアプリの音量を調整可能となりました。

 

最後に

とりあえず現時点で気づいたことを挙げてみました。

また新たな発見があれば随時追記していきます。

 

(2017年1月6日追記)

しばらく使っているとメモリの空き容量が減少し、動きが鈍くなるという不具合が現れました。

FREETEL KIWAMI アップデート後に動きが鈍くなる現象と対症療法

 

 

記事下関連コンテンツユニット



 - スマホ