8万km近く乗った2011年式Audi A1のトラブル履歴まとめ

   

 

もうすぐ走行距離8万kmに達する我が家の2011年式のA1。これまでのトラブルの履歴をまとめました。

 

アイドリングストップからの再始動の際のエンジンストール

冬のあいだにわりと頻発する不具合です。

信号待ちなどの停車中、通常はブレーキを踏む→エンジンストップ→ブレーキペダルから足を離す→エンジン始動という流れのところ、エンジン始動時にセルは回るもののそのまま失火してしまいエンジンがかからないという現象にみまわれるのです。

最初、信号待ちでエンストした時はかなり焦りました。慌ててキーをひねったら問題なくエンジンがかかってくれたので、安心しましたが、エンストした瞬間はレッカー車が脳裏をよぎりました。

 

Sトロニック(トランスミッション)が原因?

そのころ、ちょうどSトロニックのリコール(停車状態から発進できなくなるおそれ)が出ていましたのでもしやSトロニックの不具合か?と思われましたが、処置後もエンストはなくなりませんでしたのでSトロニックに起因するものではなさそうでした。

 

バッテリーが原因?

次にバッテリーを疑いました。寒い季節にのみみられる現象でしたので、もしかしたらバッテリーの劣化が原因かも?と思い、初回の車検時にバッテリーを交換してもらいました。

バッテリー交換後はしばらくエンストすることがなかったので直ったー!と、ぬか喜びしたのも束の間、再発しました。

たまたま発生しなかっただけで結局改善してませんでした。2回目の車検時もバッテリーを交換しましたが、やはり同じでした。

 

もう慣れました…

いまでも直らないままですが、最近はだいぶ慣れてきたため、落ち着いて対処できるようになりました。いちいちキーをひねらなくても、ブレーキを踏み直して再度足を離せばエンジンがかかることがわかりました。すばやく再始動できるようになりましたので、後続車にクラクションを鳴らされることはありません。

A3でも同様の不具合があるようです。

 

エンジンがかかりにくいことがあった(一度だけ)

一度だけですが、エンジンがかかりにくいときがありました。バッテリーは10カ月前に交換したばかりでした。

真冬でかなり冷え込んだ日が続いていましたので、もしかしたら一時的にバッテリーが弱っていたのかもしれません。

A1はバッテリーがすぐ弱るのか?

 

フューエルリッドが開かなくなる(一度だけ)

給油時にフューエルリッドが開かないことが一度だけありました。

A1のフューエルリッドはドアロックと連動しています。ドアロックを解除した状態では当然フューエルリッドは開くはずなのですが、そのときはリッドのみロックがかかっていました。

 

しかたなく手動でオープン

なにか方法はないかととりあえず説明書を開いたら、フューエルリッドを手動で開ける方法が載っていました。

トランクルーム内の右手前にある樹脂カバーがあり、

カバーをマイナスドライバーで開けて、なかに収納されている赤いケーブルを左方向にひっぱることでフューエルリッドのロックが外れるしくみになっています。

原因は不明ですが、このときの一度きりでその後は再発していません。

 

アイドリングが安定しない(暖かい季節のみ)

今度は逆に暖かい季節のみに見られるもので、エンジン始動直後のアイドリングが安定しないことがよくあります。

アイドリング時のエンジン回転数が不規則で安定せず、その状態でゆっくり走り出すと、アクセル開度を一定に保てないような感じで、ものすごくぎくしゃくした走りになってしまうのです。

エンジンオイルの鮮度とは相関関係はありませんので、別の制御系の問題だと思いますが、十数秒で安定してきますのであまり気にしないようにしています。

 

アイドリング時にエンジンルームからカタカタ音がする(解決済み)

走行中は出ないのですが、アイドリング時にエンジンルームからずっとカタカタ音が出てました。

いろいろ調べた結果、フューエルホースとタイヤハウスの干渉が原因であることがわかりました。解決方法も簡単でしたのですぐに対策をほどこしたところ、見事に完治いたしました。

アウディA1で頻発するアイドリング時のカタカタ音問題を3分で解決【工具不要】

 

デールレンズ内に虫が混入

故障ではないですが、なぜか右のテールレンズ内に虫が混入してます。

どこかに隙間があるのだろうと推測されますが、テールレンズ内に水が浸入することもないため、とくに問題視しておりません。

 

まとめ

昔と違い、いまどきのドイツ車は致命的なトラブルは少ないのかもしれません。ちなみに以前乗っていた10万km越えのプジョー206も、しまいにはエアコンのコンプレッサーが逝ったものの、それまでは特に大きなトラブルは経験しませんでした。

Sトロニックと同じ機構のDSG(VW)のトラブルはネット上で散見されるため、トランスミッションのトラブルはある程度覚悟していましたが、幸いいまのところは大丈夫なようです。

もうしばらく乗り続けたいのでこのまま大きなトラブルが起きないことを祈ります。

記事下関連コンテンツユニット



 -