CW-Xコンプレッションタイツに開いた穴を補修シートを使って修復

   

足つり予防のために昨年買ったワコールのコンプレッションタイツCW-X。使い始めて間もなく、ひざに小さな穴が開いてしまったのですが、ぱっと見目立たなかったのでそのまま放置していました。

ところが最近なんだか穴が大きくなってきたように思えたため、事前に購入してあった補修シートを使って修復することにしました。

それほど目立つわけではないものの、これ以上広がってきたら困るのでいまのうちに補修しておくことに。

 

そんな矢先、妻のタイツの膝部分にも同様に開いてしまいました。こちらはガッツリ1cm以上の穴が開いてしまい、遠くからでもすぐにわかるレベル。

さすがにこれはちょっと目立つし、このまま履いていたらさらに生地が裂けてしまいそうな予感がするので、すぐに修理にとりかかりました。

補修にはキャプテンという会社の「インナーの補修シート」を使用。

この補修シートはある程度伸縮性があります。

 

補修に必要なもの

  • 補修シート
  • はさみ
  • あて布(綿100%のハンカチなど)
  • アイロン
  • アイロン台

 

補修の手順

まずは穴の大きさに合わせてはさみでシートから切り出します。

説明書きでは角丸の四角に切り出していますが、Amazonのレビューを見るかぎり、角からはがれてきやすいようなのでできるだけ丸く切り出しました。

 

接着剤のついたテカテカした面を下にして、あらかじめ裏返しておいたタイツの穴にあてがいます。

 

そのうえから面100%の布(ハンカチ)をそっとあててから、

 

中温にセットしたアイロンを20秒押し付けます。

 

これで接着完了です。

 

とりあえず穴はふさがりました。

補修シートの厚みの分盛り上がっています。

 

つづいて大きめの穴のほうを補修していきます。さきほどと同様に、穴よりも大きめに補修シートを丸くカット。

 

それを穴にあてがって、あて布をしてから中温のアイロンで20秒押さえつけます。

 

接着完了。裏側はこんな感じ。

 

表側はこんな感じ。とりあえずあなはふさがっているので遠くからみればバレないかな?

 

ただ、元の生地は破れたままなので、破れた部分から補修シートが見えてます。補修シートをあてる前にある程度縫い合わせておいたほうがよかったかもしれません。

白くテカっている部分が補修シートの裏面です。

 

とりあえず穴はふさがったものの耐久性は未知数

今回使用した補修シートは接着剤で貼りついているだけですので、もしかしたら使っているうちにはがれてくるかもしれません。伸縮性があるとはいえ、膝の部分ということもあり、かなりストレスがかかるはずなので耐久性はあまり期待できないかも。

あくまでも「とりあえず穴が開いているのを目立たなくする」くらいの応急処置としてとらえたほうがいいかもしれません。使い方にもよるでしょうが、少しでも長持ちさせようと思うと、見栄えを犠牲にしても補修シートを糸で縫い付けておいたほうがいいのかなと思いました。

 

ちゃんと直したいならワコールに修理を依頼したほうがいい

しばらく様子を見て、すぐにはがれてくるようなら一度ワコールに修理可能か問い合わせてみようと思います。修理可能な場合は無償で修理をしてもらえるらしいので(送料は自己負担)。

ワコールお問い合わせ

状態によっては修理不可能と判断されるようなので、そのときは自分で縫って直そうと思います。

記事下関連コンテンツユニット



 - フットサル, 買ってよかったもの