書籍紹介

山口雅也の長編SF推理小説「生きる屍の死」を読んだ感想

生ける屍の死 (創元推理文庫)作者: 山口雅也出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1996/02/25メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 28回この商品を含むブログ (88件) を見る ニューイングランドの片田舎で死者が相次いで甦った! この怪現象の中、霊園経営者一…

新聞業界のタブーに迫る「小説 新聞社販売局」を読んだ感想

小説 新聞社販売局作者: 幸田泉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/09/09メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る 全国紙の元社会部記者が新聞業界「最大の暗部」を描いた、衝撃ノベル! 新聞の原価は購読料の6割!? 新聞は「折り込み広告の包み…

佐藤浩市主演の映画「64(ロクヨン)」の原作本を読んだ感想

64(ロクヨン)作者: 横山秀夫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/10/01メディア: 単行本購入: 3人 クリック: 75回この商品を含むブログ (120件) を見る 元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、“昭和64年”に起…

三菱自動車のリコール隠しをテーマとした小説「空飛ぶタイヤ」を読んだ感想

空飛ぶタイヤ 上下合本版作者: 池井戸潤出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/03/07メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それ…

西澤保彦の代表作「七回死んだ男」を読んだ感想

新装版 七回死んだ男 (講談社文庫)作者: 西澤保彦出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/09/14メディア: 文庫この商品を含むブログを見る 同一人物が連続死! 恐るべき殺人の環。殺されるたび甦り、また殺される祖父を救おうと謎に挑む少年探偵。どうしても殺…

殊能将之のデビュー作「ハサミ男」を読んだ感想

ハサミ男 (講談社文庫)作者: 殊能将之出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/08/09メディア: 文庫購入: 50人 クリック: 792回この商品を含むブログ (317件) を見る 美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。3番目の犠牲者…

SF小説「夏への扉」を読んだ感想

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)作者: ロバート・A.ハインライン,Robert A. Heinlein,福島正実出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2010/01/30メディア: 文庫購入: 44人 クリック: 160回この商品を含むブログ (99件) を見る ぼくの飼っている猫のピートは、冬になる…

映画「オデッセイ」の原作「火星の人」を読んだ感想

火星の人作者: アンディウィアー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/09/30メディア: Kindle版この商品を含むブログ (21件) を見る 有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運…

Copyright © 2016-2019 彩ある人生を All rights reserved.