初心者ProgateでPythonとHTML&CSSをひと通りやってみて感じたこと

f:id:billiex:20181011161459p:plain

エンジニアを目指してプログラミングの勉強を始めてから約2か月が経過しました。

オンライン学習サービスのProgateを中心に毎日コツコツやってます。

Progateでのプログラミングの学習は順調に進んでおりまして、最初にPythonを2周してから、いまはHTML&CSSの2周目の途中といったところ。

Pythonは基礎部分の理解はできたものの、まだ実際に動かしたことはないので、学習の効果を実感できていません。いっぽうHTML&CSSについては、はてなブログのカスタマイズ部分のコードは読めるようになりましたし、いままで怖くてさわれなかったHTML編集をいじれるようになり、学習の効果を実感しています。

プログラミングの学習にそれほど時間が割けないため、1日の勉強時間は1時間ほどではありまが、毎日続けていくうちにうまく習慣化してきました。

だんだんプログラミングの魅力がわかってきて、なんとなくプログラミングに馴染めてきたところで、ここまでProgateを利用して学習を進めてきたなかで感じたことを振り返ってみたいと思います。 

 

 Progateの良いところ

まずはこれまでProgateでプログラミングの学習を進めるなかで、これはいいなと感じたことをまとめてみました。

  • ネット環境さえあればどこでもできる
  • ちょっとしたゲーム感覚で学習できる
  • 低コストで学習を始められる

ネット環境さえあればどこでもできる

Progateはプログラミングの学習に必要な要素である「テキストを読む・コードを書く・プログラムを実行する」をすべてブラウザ上で完結させられるので、ネット環境さえあればどこでも学習を進められるのが一番のメリットだと思います。

学習の進捗状況や自分が書いたコードはProgateのサーバで管理されており、端末が変わってもブラウザでログインすれば前回の続きからシームレスに始められるので、「出先ではノートPC、自宅に帰ってきたらデスクトップPCで続きをやる」みたいな使い方も可能です。

作業データの保存も自動で行われるので、隙間時間を利用してちょこちょこ学習する場合でも時間のロスがなくてストレスフリーです。

ちょっとしたゲーム感覚で学習できる

プログラミングの独習といえば、テキストを見ながら淡々とコードを書いていくという無味乾燥で退屈なイメージがありますが、Progateの場合は少し工夫されていて、学習を進めるにつれて経験値がもらえてレベルが上がっていくので、ゲームを進めていく感覚で学べるようになっています。

「答えを見るともらえる経験値が下がってしまう」という仕組みになっているため、コードを間違えてうまく動かなかったときも、経験値が減るのがイヤなので意地でも答えは見ずに自力でコードを修正してました。

レベルが上がったからといって特にメリットはないものの、現在のレベルを確認することで学習の進み具合を数値で把握できるのでモチベーションアップにつながります。

 

それから自分で書いたコードがうまく動いた(正解)だったときは「Congratulations! 正解です!」とかいってくれたりもします。

正しいコードを書けたときのメッセージ

単純なことなんですが、こういったレスポンスがあると張り合いがあって、モチベーションアップに貢献してくれたりするものです。

ゲーム感覚で学習できるというのは確かなメリットだと感じでおります。

低コストで学習を始められる

最近はプログラミングスクールがけっこう流行っていますが、けっして学費は安くありません。中には無料だったり極めて低料金で通える怪しいスクールもあるみたいですが、まともなスクールに通おうと思えば学費として数十万円くらいはかかったりします。

とはいえ、スクールに通うことによってプログラミングスキルをしっかりと習得してエンジニアになれるなら、これくらいの学費は余裕で回収できる金額であり、必要経費となりえますので、一概に高いとは言えません。

ただ、そもそも自分がプログラミングに向いているかどうかもわからない段階でいきなり数十万円を払うのはさすがに抵抗があります。

独学なら低予算で始められますが、それでも途中で挫折してしまうと入門書を買うために支払ったお金は無駄な出費となってしまいます。プログラミングスクールに比べたら、全然たいした金額ではないにしても無駄な出費となるリスクはあります。

入門書を図書館で借りて出費を抑えるという手はあるものの、普段、図書館を利用しない人にとっては本を借りるための手続きはわずらわしいものです。

その点、Progateは最初は無料で始められますので、「プログラミングに興味はあるけど自分に適性があるかどうかはわからない」という人でも、まったくノーリスクで手間なく始められるというのは大きなメリットといえます。

本格的に学習を進めていくには、有料会員になる必要はありますが、月額980円とかなりリーズナブルな値段設定となっています。

長期間ダラダラやっていると当然コスパは悪くなっていきますが、逆に短期集中で終わらせてしまえば出費は最小限に抑えることができるのは魅力的です。

 

初心者には「ちょっときびしいかな…」と感じるところ

 初心者にはかなりやさしいProgateですが、それでも超初心者にとっては壁になりうる点がいくつかあります。

  • いきなりコードを書かされる
  • 間違えたところがわかりづらい
  • スライドだけではわからない部分が多い

 いきなりコードを書かされる

これはProgateに限ったことではないのですが、いままで一度もプログラミングというものに触れたことのない人は戸惑う部分だと思います。

記号の読み方や入力の仕方がわからない…

というのも、コードを書くときによく使う" ' <> ; : * / {} []などの記号は普段パソコンを使用している人であっても使用頻度が低く馴染みのないものばかりです。

にもかかわらず、これらの記号の打ち方は知ってて当然といわんばかりにいきなりコードを書かされるので、最初はすごく戸惑いました。

やっていくうちに自然と打てるようになるのはわかるのですが、はじめてコードを書く超初心者にとっては最初につまづくところではないかと思うわけです。

なので、プログラミングのレッスンを始める前に「プログラミングでよく使う記号の打ち方」みたいなチュートリアルがあってもいいのではないかと。

まあ、「こんなことでつまづくような人はそもそもプログラミングに向いていない」と言われればそれまでですが、あくまでも初心者目線で感じたこととして捉えていただければと思います。

 エディタの機能の説明がほしい…

あとはエディタに備わっているショートカット機能なども最初に説明してもらえるとうれしいですね。

HTMLでいえば、<div>タグを書くときにいちいち<>を書かなくてもdivと書いてTabキーを押せば、終了タグまで入力される機能とかです。

ショートカット機能を知っていれば、作業効率が上がり学習スピードも上がるので、作業効率があがるテクニックは最初から知っておきたいところです。

間違えたところがわかりづらい

これもProgateに限ったことではないのですが、スペルミスや文法ミスをしてエラーが出てしまった場合、どこが間違っているのかを自力で調べるのはプログラミング経験のない初心者にとっては大変難しく、大きな挫折ポイントだといえます。

エラーメッセージを確認すれば「何行目の文法が間違っているよ」くらいは読み取れるものの、間違った部分の詳細はわかりません。

ちゃんと答えが用意されているので、どうしてもわからないときは答えを見ればいいのですが、ミスの多い初心者は間違えるたびに手が止まってしまうと、なかなか先に進めず学習意欲を削がれることになりかねませんので、スムーズに学習を進めるためにもこのあたりをもう少し丁寧に説明してくれるとうれしいですね。

「こんなことでつまづいているようでは、、、以下略」

個人的にはHTML&CSSで、スペルミスをよくやらかしてしまうので、スペルミスを指摘してくれる機能があるとありがたいです。

 スライドだけではわからない部分が多い

Progateの特徴であるイラスト中心のテキストはとても見やすくていいと思うのですが、その反面、説明不足なところが多々あります。

テキストを詰め込みすぎれば、そのぶん見にくくなってしまうので、バランスが難しいところですが、見た目重視の結果、もう少し詳しく説明してほしいなと思うことがしばしばありました。

スライド1枚見せられただけで「演習に進みましょう!」といわれると、思わず「ちょっと待って。もうちょっと詳しく説明して!」といいたくなります。

とはいえ、わからないところもくりかえし学習していくとなぜか理解できるようになったりしますので、最初からすべて理解する必要はないというのも事実です。

わたしも実際、Pythonの関数、クラス、メソッドあたりは2周目でなぜか理解できるようになったという体験をしたので、わからないところはそのまま放置してとりあえず先に進むほうがいいのかもしれません。

 

まとめ

Progateは従来の学習法での独学に比べたら、はるかに初心者にやさしくて学習しやすい工夫がなされています。

それでも基本的に孤独な作業の繰り返しになるので、自力でモチベーションを保つ必要はあります。

とくにプログラミングの学習を始めたばかりの頃は心が折れやすいため、学習が軌道に乗ってプログラミングの楽しさがわかるまでは最大限のフォローが必要だと思います。

初心者がつまづきやすいところをさらに丁寧にケアしていけば、いまよりもっとプログラミング学習で挫折する人を減らせるような気がします。

まだまだ改善の余地はあろうかと思いますが、自分のペースで進められる学習方法としては、もっとも低予算で初心者にやさしいサービスだと断言できます。

Progateでプログラミングの勉強を始めてからまだ2か月ですが、それでも途中で投げ出さずに毎日のように学習を続けられたのはProgateのおかげだと思ってます。