【お風呂掃除がラクになる】おすすめのスポンジ「バスシャイン BM-22K」

f:id:billiex:20181123092859j:plain

家を新築してからかれこれ10年ほど毎日お風呂掃除をしてきました。

これまでいろんなタイプのお風呂掃除用スポンジを試してきたなかで、わたしのイチオシを紹介させてください。

ズバリ、わたしのおすすめのお風呂掃除用スポンジはこの「スコッチ・ブライト バスシャイン 抗菌スポンジ 研磨粒子なし BM-22K」です。

スコッチ・ブライト バスシャイン 抗菌スポンジ 研磨粒子なし BM-22K
 

 いろんなタイプのスポンジが売られていますが、いまのところこのスポンジを上回るものには出会ってません。

もしスポンジ選びに迷ったらとりあえずこれを買っておけば間違いないでしょう。

バスシャインがおすすめな理由

 それではさっそくこのバスシャインのおすすめのポイントを紹介していきたいと思います。

ちょうどいい大きさと硬さでとっても持ちやすい

f:id:billiex:20181115144939j:plain

お風呂掃除をするうえで、持ちやすさはけっこう重要です。

大きいタイプは一見効率がよさそうに見えますが、実際は持ちにくくて作業効率が落ちます。

とくに手の小さな女性には大きいスポンジはつかみづらくて掃除しにくいですし、余計な力が入ってしまい手が疲れます。

あと、大きさはちょうどよくてもスポンジ全体が柔らかすぎると、持ちにくくて余分な力が入ってしまい、これも疲れの原因になります。

その点、このバスシャインはちょうどよい大きさで、しかも、やわらかいスポンジ部分を硬さと厚みのあるナイロン不織布でサンドイッチされていて、これがとても持ちやすいんです。

f:id:billiex:20181115144850j:plain

余計な力をいれる必要がないため、持ちやすくて掃除がはかどります。

デコボコ床の汚れもある程度は落とせる

f:id:billiex:20181115145011j:plain

最近のユニットバスに多いデコボコの床。水はけをよくするための工夫なのはわかるのですが、ふつうのスポンジでこすっても床の溝の部分は全然汚れが落ちないので、デコボコの溝の部分に汚れが残ってしまうんですよね。

デコボコ床の汚れをしっかり落とすためにはこんなブラシがあると便利です。

レック 床用 ハンディブラシ ( タイルブラシ バスブラシ )

レック 床用 ハンディブラシ ( タイルブラシ バスブラシ )

 

 

表面が細かいブラシのようになっているスポンジもありますが、浴槽にキズがつきそうで怖いので、浴槽と床はスポンジとブラシを分けたほうが無難です。

とはいえ、毎日ブラシで床を掃除するのはめんどうですよね。わたしもブラシでしっかり掃除するのは週に1回くらいです。

そのかわり、ふだんは浴槽の掃除のついでに床面もスポンジで軽くこする程度でサッと掃除しているのですが、このバスシャインは表面に若干凹凸があり、かつ汚れをかき取る力があるので、デコボコの床の汚れもある程度は落とせます。

もちろん、完全に汚れを落としきれるわけではないので、ブラシでの掃除が不要になるわけではないものの、普段はスポンジで、たまにブラシで掃除してやるだけでカビも生えずにわりと清潔な状態を保てています。

スポンジを干しやすいし水切れもいい

f:id:billiex:20181115145038j:plain

掃除がおわればスポンジを乾燥させるために浴室に干しておくと思いますが、バスシャインには上の画像のように切り欠きがあって、タオルバーやラックにひっかけられるようになっています。

これがわりと便利で、ひもで吊るすタイプにくらべると、ひもをひっかけるためのS字フックはいらないし、S字フックにうまくひっかけられなくてイラっとすることもなくサッとひっかけられるんです。

あと、水切れがすごくいいので掃除のあとスポンジを軽く絞るだけでしっかり水が切れるのでとってもラクチンです。

まとめ

というわけで、おすすめのお風呂掃除用スポンジを紹介させていただきました。

スポンジ選びに迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

 

スコッチ・ブライト バスシャイン 抗菌スポンジ 研磨粒子なし BM-22K
 

同じシリーズで研磨剤の入ったタイプもありますが、浴槽にキズがつきそうで怖いのでわたしはこちらの研磨剤の入っていないタイプを愛用しています。

 

さらに、お風呂のイスを洗いやすい構造の脚長タイプにかえるとさらに掃除がはかどるのでおすすめです。通気性もいいのでカビも生えにくくなりますよ。

www.nahema.net