甘くない BCAA 2:1:1「ビターレモン味」レビュー【マイプロテイン】

BCAA 2:1:1 ビターレモン

一番最初に試したトロピカルの印象が良くなくて、一旦はマイプロテインのBCAAはおいしくないと結論づけたものの、次に試したアイスティーはとても同じメーカーとは思えないほどのおいしさだったため、あっさり手のひら返したわけですが、ならばほかのフレーバーはどうなのよということで今回はマイプロテインのサイトのレビューで高評価が目立ったビターレモンを試してみましたので、よろしければ参考になさってください。

>BCAA 2:1:1 を公式サイトでチェック

ビターレモンの栄養成分

ビターレモンの栄養成分・原材料

アミノ酸 5g中
ロイシン 2g
イソロイシン 1g
バリン 1g

BCAA含有率は80%。1袋(250g)に入っているBCAAは200gということになります。

成分(原材料)

ロイシン、イソロイシン、バリン、スクラロース、クエン酸、カラメル色素

1袋(250g)≒ 350ml

保存容器に移し替えたビターレモンの粉末

袋のままだと使い勝手が悪いため、いつもどおり別のスクリュー式の保存容器に詰め替えました。

250gの袋の中身をすべて容量1Lの容器に移すと、アイスティーのときより少なく350mlくらいでした。(フレーバーによって体積がちがう?)

粉末の性質はトロピカルと同様に粉が舞いやすいです。

ビターレモン味のレビュー

ペットボトルに入った水に溶かしたビターレモン

水に溶かして飲んでみると、風味としては甘みのほとんどないレモン味のキャンディといった感じ。ビターレモンというだけあってたしかに甘くなくて、甘さの主観的なレベルとしては5段階中1か2くらいのイメージ。

苦みと酸味が強い

BCAAにしろプロテインにしろ甘ったるいフレーバーが多いなかほとんど甘みを感じないのは新鮮です。そのかわりBCAA特有の苦味を甘みによってごまかすことができずモロに苦味を感じてしまいます。美味しいか美味しくないかでいえばどちらかというと美味しくないほうです。

とても美味しかったアイスティーと味の落差が大きかったため最初は戸惑いましたが、飲み続けているうちに慣れました。250gを飲みきるころには「積極的に飲みたいとは思わないものの、これはこれで悪くはないかも」と思えるほどに印象は変わりました。

ホエイプロテインに混ぜると・・・

例によってノンフレーバーのホエイプロテインと混ぜてみましたが、相性はよくないですね。酸味とと苦味が強調されるだけで全然美味しくありませんでした。

同じレモン風味でもふつうに甘いエクステンドのレモンライムのときはけっこう美味しく飲めたので、ノンフレーバーのホエイプロテインの味付けに使うなら、ある程度の甘さが必要ということでしょうか。

まとめ

マイプロテインの商品ページで高評価なレビューが目立っていたため結構期待していたのですが、わたしはそこまで美味しいとは感じませんでした。甘くないぶん苦味と酸味が強く、けっして万人受けする味ではないかと。前回のアイスティーのほうが圧倒的に美味しく飲めました。

”ビター”レモンなので仕方がないのかもしれませんが、全然甘くない(甘さ控えめというレベルではなくほとんど甘みを感じない)ため、よっぽど甘いものが苦手な人でなければほかのフレーバーを選んだほうがようさそうです。 

>BCAA 2:1:1 を公式サイトでチェック

これはおいしい! BCAA 2:1:1「アイスティー味」レビュー【マイプロテイン】 - 彩りある人生を

Copyright © 2016-2020 彩ある人生を All rights reserved.