VirtualBox Interfaceがシャットダウンを邪魔する問題を解決【スタートアップアプリの設定変更で解決】

About VirtualBox

FlywheelとVirtualBoxをインストールして、WordPressサイトをローカルで構築・運用を始めてから、PCをシャットダウンしようとするときに

1つのアプリを閉じて、シャットダウンします
戻って作業を保存するには、[キャンセル]をクリックして、必要な操作を行います。
VirtualBox Interface
Has active connections.

というメッセージが表示されて、すんなりシャットダウンできないという現象に悩まされるようになりました。

VirtualBox Interfaceがシャットダウンの邪魔をする

一応、そのまま強制的にシャットダウンはできますが、仮想マシンのデータが壊れてしまうと困りますし、シャットダウンするたびに毎回ひと手間かかるのは結構なストレスです。

シャットダウンの前にタスクマネージャーでVirtualbox Interfaceを終了させておけば、すんなりシャットダウンできるものの、こちらも毎回やるのは非常に面倒。

タスクマネージャーを開いてVirtualBox Interfaceを確認

VirtualBox Interfaceがシャットダウンを邪魔している

しかもスリープもできない…

いっぽうスリープのほうも、スリープにしてから数分後にスリープが解除されてしまい、スリープ状態にできないようになってしまいました。

さすがにこのまま使い続けるのは耐えられないので、なんとかしなければということで解決策を検索するも、それらしいものがなかったり、専門的すぎて理解できないものだったりして困り果てました。

一時はローカル環境はあきらめてVirtualBoxをアンインストールしようかと思いつつも、さらに検索を続けていたらようやく解決策にたどり着きました。

解決策:スタートアップアプリの設定をオフにする

VirtualBox Interfaceがシャットダウンを邪魔をする問題を解決方法は、スタートアップアプリの設定でVirtualBox Headles Trayの項目をオンからオフに切り替えるだけでした。

スタートアップアプリの設定を変更する手順

設定を開く

windows 10の設定を開く

 

アプリを開く

設定の項目からアプリを選ぶ

 

スタートアップを開く

アプリの設定のスタートアップアプリ

 

VirtualBox Headles Trayをオフにする

VirtualBox Interfaceをオフにする

以上

無事に問題解決

わたしの場合はこの方法で「VirtualBox Interfaceがシャットダウンを邪魔をする問題」を完全に解決することができました。

これまでどおり正常にシャットダウンもスリープもできるようになりました。

同様の問題でお悩みの人は一度お試しあれ。 

 

スポンサーリンク

 

Copyright © 2016-2019 彩ある人生を All rights reserved.