【Fire タブレット】アプデ(5.1.4)で大量のマンガを持ち運び可能に!

      2016/11/09

プライム会員なら実質4,980円で買えるAmazonの7インチタブレット

AmazonのFireタブレット(8GB)はプライム会員になると、通常8,980円のところを4,000円引きの4,980円で買えてしまう非常にコストパフォーマンスの高い7インチのタブレットです。しかもプライム会員になっておけば、対象となる本の中から毎月1冊無料で本が読めるという特典つきです。

対象となる本は限られているとはいえ年に12冊の本が無料で読めるのですから、これだけでもFireタブレットを買う価値があるといえます。

実際、私も今年の1月に安さにつられてFireタブレットを購入しました。と同時に割引の適用を受けるためプライム会員となりました。

 

プライム会員のメリット

Amazonで買い物をするとき、総合計金額が2,000円に満たない場合は通常350円の送料がかかるのですが、プライム会員だとこれが無料となりますし、通常は有料の配達日時指定も無料になります。

私は日頃からAmazonを利用する頻度が高く、2,000円未満の商品を購入することも多いので送料がかからないのは助かりますし、平日の日中は不在にすることが多いので配達日時指定はとてもありがたいのです。

年3,900円の年会費を払う必要があるものの、上記のメリットのほか様々な会員限定の特典がありますので、じゅうぶん元はとれているとおもいます。

そのほかのプライム会員特典はこちら

私は決してAmazonの回し者ではありませんが、Amazonをよく利用される方ならプライム会員のメリットをわかっていただけると思います。

 

ストレージが8GBしかないのがネック

これまでレノボIdeaPad A1、原道N50、Nexus7とタブレット端末を愛用してきました。FireタブレットはスペックではNexus7に劣るもののコストパフォーマンスを含めた評価はダントツでナンバーワンだと思っています。しかし、そんな一見スキのない端末にも弱点がないわけではありません。

ストレージが8GB(しかも実質使えるのは6GB未満!!)しかないにもかかわらず、残念なことに小説、マンガ、雑誌などの書籍類はmicroSDカードには保存できないようになっていました。

(ちなみに映画や音楽はもとからmicroSDカードにも保存できました。)

テキスト中心の小説はともかく、データの大きい雑誌やマンガを保存すると、すぐにストレージがいっぱいになってしまい、読み終わったマンガはマメに端末から削除しなければならず不便さを感じていました。

 

突如、microSDカードに保存可能に!

ところが、先日配信されたアプデ(OS 5.1.4)により今まで保存先に選べなかったmicroSDカードを選べるようになったのです。

Kindle本の設定画面

しかも、うれしいことにFireタブレットは128GBまでのmicroSDカードに対応してますので、アプデによって端末に保存可能なデータが実質的に8GB→最大128GBに大幅アップしたわけです。

これでmicroSDカードにデータを好きなだけ保存できるようになり、容量を気にせず書籍やマンガを持ち運べるようになりました。

 

マンガはやっぱりスマホよりタブレットのほうが読みやすい

小説は文字の大きさを変更できますのでスマホでも特にストレスなく読めますが、マンガは画面が小さければその分文字も小さくなってしまいますので、画面の小さいスマホだと読みにくいです。

私のスマホはいわゆるファブレットと呼ばれるタイプで画面は6インチあるのですが、それでも7インチの画面に比べると小さく感じます。

1020164

7インチだと文字も大きくマンガを快適に読むことができます。

 

まとめ

安さにつられて半ば衝動買いしたFireタブレット。他のタブレット端末に比べコストパフォーマンスがダントツで高く、プライム会員なら必携の端末と言っても過言ではない最強の7インチタブレットでしたが、今回のアプデにより唯一の弱点とも言える内部ストレージの少なさがカバーされ、さらに魅力が増しました。

Amazonの戦略とはいえ、ユーザーとしてはこういったユーザーの利便性を高める改善はとてもありがたいです。


記事下関連コンテンツユニット



 - 買ってよかったもの