アウトドアだけじゃない!じつは宅飲み派におすすめの真空断熱ステンレスタンブラー

      2017/06/05

 

夏場、自宅でお酒を飲むときに使用しているステンレスタンブラー。もう2年以上愛用しておりまして、非常に気に入っております。

値段が安い割にはとてもいい商品なので紹介させていただきたいと思います。

豆知識

ところでステンレスってどういう意味だろうとふと疑問に思いましたので、ちょっと調べたところ、ステンレスは正式にはステンレス鋼といい、鉄を主成分としたさびにくい合金で、英語ではstainless steel(さびない鉄)と書くようです。ステイン(しみとか汚れ=サビ)がつきにくい鉄の合金だからステンレスなんですね。ステンがステインのことだと初めて知りました。

 

 

グラスは夏場結露が発生してしまう

私は週末に自宅でお酒を飲む習慣があり、これからの季節はビール・赤ワイン・ウイスキーの水割りやソーダ割りを好んで飲んでいるわけですが、暑い季節はやっぱり常に冷えた状態でビールを飲みたいですよね。

ステンレスタンブラーに出会う前は、ビールとワインも冷えた状態で飲むために氷を入れて飲んでいました。

ビールは氷があまり溶け出さないうちに飲み干してしまうのでそれほど気になりませんでしたが、ワインやウイスキーはある程度時間をかけて飲みますので、飲んでいるうちに氷が溶けてしまい味が変わってしまいますし、当然グラスの外側には大量の結露が発生していました。

この結露がやっかいで、テーブルは水で濡れるし、お酒を飲もうとグラスを傾ければ結露した水が滴って、手や服が濡れてとても不快でした。コースターを使えば多少は軽減されますが、真夏はコースターの許容範囲を超えることもしばしばあり困っていました。

 

 

真空断熱ステンレスタンブラーは結露しない

真空断熱ステンレス製のタンブラーを使うようになってからはこれらの悩みは完璧に解消しました。

2年以上このタンブラーを愛用していますが、結露したことは一度もありません。テーブルが濡れることがなくコースターも不要。水がしたたり落ちて不快な思いをすることがなくなりました。

私が使用しているものは容量が450mlありますので、350ml缶のビールなら100ml余裕がありますので、丁寧に注げば泡があふれずにおさまります。

350ml缶を余裕で注げます

缶ビールまるまる1本注げます

 

 

オイルフィニッシュのテーブルでも安心

これまで自作した家具はすべて自然系オイルかワックスで仕上げおり、LD(リビングダイニング)に作り付けたパイン集成材のカウンターも未晒し蜜ロウワックスで仕上げてあります。

パイン集成材カウンター

アレルギー体質の私も安心して使えるエゴマ油と蜜蝋のみでできているワックス

 

オイルやワックスは撥水性がありますのである程度水をはじいてくれますが、長時間放置すれば染みになる可能性があります。それに施工から時間が経つとどうしても撥水性能は劣化していきますので染みができやすくなっていきます。

でも、このタンブラーなら暑い季節でも結露によってテーブルを濡らす心配はありません。飲み物をこぼさないかぎり濡れることはないでしょう。

LDカウンターに置いたタンブラー

 

 

アウトドアでも大活躍!

アウトドアでも活躍

これからの季節は屋外でバーベキューをする機会が増える方も多いと思います。

気の合う仲間と一緒に、炭火で焼いた肉を食べながらビールを飲む。それだけで幸せになれますよね。(*´∀`)

でも気温の高い時はせっかくクーラーボックスで冷やしたビールもすぐにぬるくなってしまいます。たとえ氷を入れてもすぐに溶けてしまうし、水でビールが薄まってしまうというデメリットがあります。

そんなときもこのタンブラーは役に立ちます。真空断熱なので保冷力が高く、屋外でもビールがぬるくなりにくいのです。

ステンレスだから落としても割れる心配がありませんし、持ち運びの際に気を使う必要もありません。

なので私はバーベキューのときは必ずこのタンブラーを持っていくようにしています。

 

 

値段のわりに満足度高し!

このタンブラーを手に入れてからは、家でお酒を飲むときはこ必ずこれを使うようになりました。

丈夫で保冷力もあり結露しない、と高性能なわりにお求めやすいお値段ですので、気になった方はぜひ試してみてください。

記事下関連コンテンツユニット



 - レジャー, 買ってよかったもの