アジアンタイヤの正しい空気圧を調べる方法

アジアンタイヤの正しい空気圧を調べる方法

アジアンタイヤは国産タイヤにくらべてそれほど性能が劣るわけでもないのに、大幅に安価で購入できる非常にお得なタイヤです。

そういったアジアンタイヤのメリットが一般の人にも知られるようになってきたおかげか、街中でもアジアンタイヤを履く車を見かけることは珍しくなくなりました。

購入時に装着していたタイヤからアジアンタイヤに履き替えを検討されている人も多いのではないでしょうか。

そんなアジアンタイヤですが、国産タイヤから履き替えるときに注意する点がひとつだけあります。

それはタイヤの空気圧に気をつける必要があるということです。

国産タイヤとアジアンタイヤは規格が違う

なぜ空気圧に気をつけなければならないかというと、国産タイヤとアジアンタイヤではタイヤの規格が違うからです。

多くの国産タイヤが採用している規格はJATMAという日本独自の規格です。

いっぽうアジアンタイヤはヨーロッパで広く採用されているETRTOという規格を採用していることが多く、両者ではタイヤの規格が異なるため空気圧の基準も異なるのです。

  • 国産タイヤ規格 = JATMA
  • アジアンタイヤ規格 = ETRTO (STD or XL)
※STD…スタンダード、XL…エクストラロード

純正タイヤと同じ空気圧ではダメ

このように国産タイヤとアジアンタイヤでは空気圧の基準が違うため、アジアンタイヤに履き替える場合は純正の国産タイヤと同じ空気圧ではダメなのです。

純正タイヤであれば、空気圧を調整する際は指定空気圧に合わせればいいですが、アジアンタイヤに履き替えた場合はそうはいきません。

純正タイヤが国産メーカーの場合、ドアの内側などに表記されている指定空気圧はあくまでもJATMA規格の純正タイヤのものなので、純正タイヤ以外のそれもタイヤ規格が違うアジアンタイヤに履き替えた場合は指定空気圧をそのまま利用できません。

アジアンタイヤが採用している規格に合った空気圧に調整する必要があります。

アジアンタイヤの適切な空気圧を調べる方法

ではどうすればいいかというと、JATMA規格表ETRTO規格表を参照することでアジアンタイヤに合った正しい空気圧を導き出すことができます。

アジアンタイヤの空気圧を調べる手順は以下の3ステップです。

  1. 純正タイヤの指定空気圧を確認する
  2. JATMA規格表からタイヤの負荷能力を割り出す
  3. ETRTO規格表から最適な空気圧を見つける

1. 純正タイヤの指定空気圧を確認する

まずは純正タイヤの指定空気圧とロードインデックスを確認します。指定空気圧はだいたい運転席側ドアの内側(もしくは車体側)に表記されています(指定空気圧の表記がないもしくは印字が消えてしまっている場合は車の説明書を見てください)。

では、トヨタ シエンタを例にとって見てみましょう。

トヨタ シエンタの指定空気圧

シエンタの場合、指定空気圧は240kPa(2.4kgf/cm²)、純正タイヤのロードインデックスは84ということになります。

これから出てくるタイヤの規格表は空気圧の単位がすべてkPaなので、指定空気圧の表記がkgf/cm²のみしかない場合はあらかじめkPaに変換しておきます。変換方法は下記の換算式に当てはめればOKです。

 空気圧の換算式

 1.0 kgf/cm² = 98.066 kPa

kgf/cm²の数値に98を掛ければkPaに変換できます。

もちろん指定空気圧がkPaで表記されている場合はそのままの数値を利用します。

2. JATMA規格表からタイヤの負荷能力を割り出す

次にJATMAの規格表からタイヤの負荷能力を割り出します。

JATMA規格表から負荷能力を割り出す

この表から先ほどの指定空気圧の240kPaと、タイヤのロードインデックス84の数値が交わるところがこの車におけるタイヤ1本あたりのの負荷能力となります。

シエンタの負荷能力は490kgということになります。

3. ETRTO規格表から最適な空気圧を見つける

タイヤの負荷能力がわかったら今度はETRTOの規格表で最適な空気圧を確認します。

ETRTO規格表を見る前に新しいタイヤのロードインデックス(サイドウォールに表記されている数字)を確認おきます。

ロードインデックス = 88、XL = エクストラロード

ロードインデックス = 88、XL = エクストラロード

ETRTO規格表でそのロードインデックス行(ぎょう)からさきほど調べたタイヤの負荷能力に近い数値をさがします。

 

その数値の空気圧がそのタイヤの最適な空気圧ということになります。

XL規格表から最適な空気圧を割り出す

シエンタの場合だとXL規格のロードインデックスが88のタイヤに履き替えた場合、適切な空気圧は250kPaということになります。

正しい空気圧を把握しておきましょう

JATMA規格の純正タイヤからETRTO(XL)規格のアジアンタイヤに履き替えると、ほとんどの場合は指定空気圧より少し高めに調整する必要があります。

純正タイヤからアジアンタイヤに履き替えた場合、純正タイヤ用の指定空気圧にしてしまうとあきらかに空気圧が不足した状態になってしまいます。タイヤの空気圧が不足すると、タイヤ本来の性能を発揮できないばかりかトラブルの原因にもなりかねません。

アジアンタイヤに履き替えたなら必ずそのタイヤの正しい空気圧を把握しておきましょう。

Copyright © 2016-2019 彩ある人生を All rights reserved.