king2ringの本革リストストラップのグリップ力は申し分なし!しかも丈夫

昨年パワーグリップを購入する際、リストストラップと迷いました。そのときはリストストラップをうまく巻けるか自信がなかったため、より簡単に扱えるパワーグリップを選択しました。

www.nahema.net

 

あれから半年以上、まだまだ壊れる気配はなく、とくに不満なくパワーグリップを使用してきましたが、ここへきてリストストラップに興味がわいてきました。

なんとなく「リストストラップ使い=上級者」というイメージがあって、YouTubeなどで筋トレ動画を繰り返し見ているうちにリストストラップを装着している姿が無性にカッコよく思えてきました。

いま使っているパワーグリップとの違いが気になったのもあって、どうしても使ってみたくなったのです。

 

king2ringの本革リストストラップを購入

比較検討の末、いま使っているパワーグリップと同じ、king2ringというメーカーのリストストラップを購入しました。

本革製なので滑りにくくて丈夫そうだったのと、Amazonのレビューの評価が高めだったためこれを選びました。カラーは「ナチュラル」です。

f:id:billiex:20180702144918j:plain

バッファロー革を使用しており、野球のグローブに似た香りがします。からし色のような商品写真とは違い実物は薄いベージュ色(いわゆるヌメ革の色)でした。エイジングが楽しめそうです。

おろしたてにもかかわらず、一般的な牛革のような硬さはなく、しなやかさがあります。

サイズは厚さ3mm×幅40mm×長さ55mm

 

リストストラップの巻き方

実際にやってみると、思ったより簡単で、革がやわらかいためか初めてでもスムーズに巻きつけることができました。

巻きつけ手順

まずはストラップの先を片方の輪っかに通します。

f:id:billiex:20180702145033j:plain

通す方向は左右対象となります。

 

手首に通したら、この位置でストラップの先を引っ張ってしっかりと固定します。

f:id:billiex:20180702145059j:plain

f:id:billiex:20180702145116j:plain

手首というよりは手の甲に巻きつける感じで装着すると、うまくフィットしてバーベルを持ち上げたときに手に食い込みにくくなります。

f:id:billiex:20180702145138j:plain

なんかカッコいい

 

それからストラップがゆるまないように気をつけてシャフトに2回巻きつけていきます。

f:id:billiex:20180702145159j:plain

f:id:billiex:20180702145217j:plain

ストラップを巻きつけたら、最後にバイクのアクセルを開けるときのような動きで、ひきしぼってシャフトにしっかりと密着させればOK。

f:id:billiex:20180702145238j:plain

 

グリップ力は申し分なし!

実際にバーベルを持ち挙げてみると、グリップ力は抜群でした。パワーグリップを初めて使ったときもあまりに楽に持ち上がったので驚きましたが、リストストラップはそれ以上でした。

グリップ力が強力なので、まるでバーベルが体の一部になったかのようにしっかりとホールドできるのです。

100kg程度だとほとんど握力は必要ない感じで、握力がいらなさすぎて前腕がまったく鍛えられないレベルです。

そのぶん、より背中の筋肉に意識を集中させることができるため、これまで以上に安心してバーベルを持ち挙げることができるようになりました。

 

食い込みが気になる場合はグローブとの併用がおすすめ

f:id:billiex:20180702145401j:plain

ストラップが直接手に触れるため多少手に食い込みます。思ったより痛みはありませんでしたが、うっすらアザになりました。食い込みが気になる場合はグローブを併用するとよいです。

グローブの上からリストストラップを巻けば、素手の場合にくらべて圧迫感が軽減されます。

薄手のグローブであれば握りにくくなることもありません。

f:id:billiex:20180702145420j:plain

これはトレーニング用のグローブではなく、普段軽い重量の筋トレに使用している作業用手袋(ホームセンターで売ってるやつ)です。見た目はイケてませんが、すべりにくくてシャフトを握りやすいので気に入ってます。

 

床面(裏側)が毛羽立ちがボロボロとれてくるのがすこし気になる

使い始めは床面(革の裏側の毛羽立ったほう)がボロボロとれて、床に落ちたり、服に着いたりします。

これは床面が未処理なためしょうがないのですが、ちょっと気になる部分です。

f:id:billiex:20180702145440j:plain

レザークラフトでよく使われる床面処理剤のトコノールなどを持っているなら、床面を磨いてみるのもいいかもしれません。トコノールは木工用ボンドを水で薄めたものでも代用できるらしいので、気が向いたらやってみようと思います。

→しばらく使っていたらおさまりましたので、床面を処理する必要はなくなりました。

 

デッドリフトにはパワーグリップよりリストトラップのほうがいいかも

リストストラップ、想像以上にすぐれものでした。心配していたシャフトへ巻きつける作業も思ったよりむずかしくありませんでした。

見た目もカッコイイし、正直かなり気に入りました。

ただ、パワーグリップにくらべるとシャフトに巻きつけるのに多少手間がかかりますので、どちらかといえばインターバルを長めにとる種目向きかもしれません。そのぶんグリップ力は抜群なので高重量を扱うデッドリフトには最適です。

今後は種目によってパワーグリップとリストストラップをうまく使い分けていこうと思います。

 

(2018年6月追記)

約1年、主にデッドリフト、ベントオーバーローイング、シュラッグに使用しましたが、まだまだ壊れる気配はありません。

f:id:billiex:20180702145512j:plain

本革だけあって、いい感じに手に馴染んできたので使い心地は最高です。(^o^)