欧州車のホイール洗浄にマイクロファイバーグローブはいかが?

欧州車乗りに共通する悩みといえば、やはり「ホイールの汚れ」ではないでしょうか。ブレーキの利きやタッチが良いなど性能重視なのはありがたいのですが、すぐに真っ黒になってしまいますよね。

ブレーキダストの多い欧州車は圧倒的にホイールが汚れやすく「洗車が必要なほどボディは汚れてないけどホイールは真っ黒」ということも珍しくありません。そんなときホイールだけをサッと洗いたいときに役立つアイテムがこのマイクロファイバーグローブです。

f:id:billiex:20180722173643j:plain

偶然いいもの見つけました

私の車はボディカラーが赤のため汚れがあまり目立ちません。けっこう洗車をサボっても気にならないレベルで、その点はとてもありがたいのですが、対照的にホイールの汚れがとても目立ちます。

放っておくと、「あれ?俺の車のホイールってガンメタだったっけ?」と思うぐらい黒ずんでしまいます。

なので、しかたなくホイールだけを洗うことが多いのですが、スポークの本数が多く洗うのに時間がかかるし、しゃがんだ姿勢のまま作業をするのが結構つらくて辟易していました。

これまではホイールを洗うときは、作業効率が悪いな~と思いつつも雑巾とかスティック状のホイールスポンジなどを使っていましたが、あるものを使い始めてからは作業効率が大幅アップしてかなり時間を短縮できるようになりました。

それが、このマイクロファイバーグローブです。

たまたま何かの景品でもらったものですが、これを使うとホイールがものすごく洗いやすいんです。

もらいもので、しかもタグがついていないため正式な商品名などは不明ですが、Amazonでは「マイクロファイバー ミトン」で検索すればいくつか類似品がみつかります。

私の使っているのはモコモコが片面にしかついていないタイプですので、上記商品とは別物だと思いますが非常によく似ています。

f:id:billiex:20180715142005j:plain

サイズは、タテ19cm×ヨコ16cm(手首の部分を除く)

手の小さい人だとぶかぶかで少し使いにくいかもしれません。

 

実際に洗ってみると…

手にはめて使うミトン型で手首の部分にゴムが入っており手にフィットしますので、手を滑らせて落とす心配もなく、手を開いた状態で軽くなでるだけでどんどん汚れが落ちていきます。

f:id:billiex:20180715142238j:plain

しかも一度に洗える面積が広いので平面部分はあっという間にきれいになります。

 

スポーク部分も手を入れやすくとても洗いやすいです。

f:id:billiex:20180715142205j:plain

 

狭いところもモコモコが入り込んで汚れを落としてくれます。

f:id:billiex:20180715142307j:plain

おかげで洗い残しの心配がなくなりました。

f:id:billiex:20180715142429j:plain

タイヤはNANKANG(ナンカン) NS-20

www.nahema.net

これまで手こずっていたホイール洗浄の作業時間が半分以下に短縮されました。

これなら時間のない時でもさっと洗うことができますので、今までは見て見ぬふりをしていたホイールの汚れも、気になったときに気軽に洗えるようになりました。

マイクロファイバーグローブ おすすめです

慧眼な洗車マスターの方々からすれば「なにをいまさら」と鼻で笑われそうですが、私にとってはまさしく目からうろこの新発見でありました。同じくホイールの汚れで悩む方のお役に立てればと思い体験談として書いた次第です。

大幅な時間短縮になりますので、欧州車に乗られている方やスポークの本数が多くてホイールが洗いにくいと感じている方は、ぜひ一度お試しください。