【Audi A1】3回目の車検にかかった費用の内訳と正規ディーラー以外で車検を受けるメリット・デメリット

   

走行距離90,000km超えの我が家のAudi A1。先日、無事に車検を終えました。今回で3回目の車検となりますが、3回とも町の車検整備工場にお世話になりました。

正規ディーラーならたしかに安心ではあるのですが、いかんせん費用がかさんでしまうんですよね。なので、わたしはコストパフォーマンスを優先してディーラー以外で車検整備をしています。

 

Audi A1 車検費用の内訳

今回の車検費用の総額は87,226円でした。

作業内容 金額
点検・検査代 24,000円
エンジンオイル交換

SL 10W-30

1,490円
オイルエレメント 2,916円
非常用信号灯 810円
タイヤローテーション(前後) 工賃サービス
ブレーキフルード交換 6,480円
諸費用 51,530円
合計 87,226円

交換部品が少なかったので思いのほか安く済みました。

ワイパーブレードは1 月に自分で交換済みなので交換不要。

ワイパーブレードを社外品(BOSCHエアロツイン)に交換

バッテリーは2年前の車検時に交換済みで、チェックしてもらったらまだまだ大丈夫とのことで今回は交換不要。

タイヤは3年前にNANKANG NS-20に交換してから30,000km超えたものの、まだ4~5mm程度溝が残っているので少なくともあと一年くらいは大丈夫そう。とりあえず前後ローテーションだけしてもらいました。

純正タイヤからNANKANG NS-20に履き替えて15,000km以上走ってみて感じたこと

上記以外にエアーフィルターとスパークプラグの交換をお勧めされましたが、これらはまた別の機会に交換することにします。エアーフィルターは自分で交換できそうだし。

エンジンオイルは純正のLLSでもなければロングライフですらない、通常サイクルのオイルを年2回(約5,000km走行毎)、エレメントは年1回のペースで交換しています。

すでに走行距離90,000km超えましたが、いまのところ不具合はでていません。エンジンオイルを継ぎ足したことは一度もないです。

 

車検費用はバッテリー交換の有無によって大きく変わる

これまで交換した消耗品の中ではバッテリー代がダントツで高いです。なのでバッテリー交換の有無によって車検費用に差が出ました。

今回は交換しませんでしたが、もしバッテリーを交換していたら120,000円くらいにはなっていたと思います。

初回の車検費用・・・73,000円(バッテリー交換なし)

2回目の車検費用・・・120,000円(バッテリー交換あり、バッテリー代としては35,000円)

聞くところによると、ディーラーでバッテリー交換を頼むと70,000円とかになるらしい。なんともおそろしい値段ですね…。

Audi A1に限らずアイドリングストップつきの車は通常のバッテリーではダメで、アイドリングストップに対応したバッテリーが使われているのですが、これが結構いい値段するんですね。

自分でバッテリー交換すれば安く済むけど…

自分でバッテリーを調達して、自力で交換すればさらに費用を抑えられるものの、Audi A1の場合、電力を供給した状態でバッテリーを交換しなければならないので、バッテリーの交換はプロに任せてます。

電力の供給が途切れると電子機器などの設定がリセットされてしまうみたいです。リセットされた場合、再設定などが面倒なのでバッテリーは自分で交換することは諦めました。

それから、車検と同時に交換するのは交換時期を逃さないためです。バッテリーが突然死してしまうと、どうしても時間のロスが発生してしまいます。そういう時間のロスは避けたいので、バッテリーの寿命が尽きる前に早めに交換できるように車検時に交換するようにしています。

最初のバッテリーは5年もちましたので、今後は4年ごとに交換していけばバッテリーの寿命が尽きる前に交換できそうです。

 

ディーラー以外で車検を受けるメリット・デメリット

低コストがメリット

まず、メリットはなんといってもディーラーにくらべて費用が安く済むということ。

車検費用の大半を占める税金などの諸費用は同額ですが、大きく違うのが部品代です。前述のとおりバッテリーなどはディーラーの半額でした。他の部品も総じて価格差が大きいので、交換部品が多いとそれだけ車検費用に差がでることになります。

かといって、べつにディーラーはぼったくっているとは思いません。手厚いサービスを維持するために適正な利益を上乗せするのは当然ですし、割高に思える部品代も信頼性の高い純正部品ということを考えれば適正価格だと思います。

町の車検整備工場では、正規ディーラーのような手厚いサービスがないぶん費用を抑えることができます。わたしは自分でできることは自分でやりますし、手厚いサービスは必要ないのでコストパフォーマンス重視で町の車検整備工場にお世話になっているというだけです。

正規ディーラーでないとできないこともある

不具合ではないのですが、一定期間(走行距離?)が経過するとインフォメーションディスプレイに必ず現れる「点検の予定日です!」というメッセージは、どうやらディーラーのコンピューターでないと消せないらしいです。

イグニションON・OFF時に毎回表示されるやつです。もう慣れてしまったのでまったく気になりませんし、運転にはまったく支障はないのでそのまま放置しています。

ディーラー以外で車検を受けるメリット

→安い

ディーラー以外で車検を受けるデメリット

→「点検の予定日です!」というコーションメッセージが消せない

あと、わたしの車は幸い経験ありませんので定かではありませんが、コンピューター系統のトラブルが生じた場合はディーラーでないと対処できないかもしれません。

 

このままトラブルなくもう少し乗りたい

もう少しで10万kmに到達しようというところまできましたが、短くても3年、できればあと5年はこの車に乗りたいので、この先大きなトラブルが発生しないことを祈ります。

点検時に指摘されたエアフィルターは近々交換予定。とくに性能は求めないのでノーマルなやつにするつもりです。

記事下関連コンテンツユニット



 -